【本】いっちばん、モルフェウスの領域、ホルモー六景、今朝の春

畠中恵『いっちばん』
しゃばけシリーズ文庫版最新作。
最近自分の中で『みをつくし料理帖シリーズ』に軍配が上がっている江戸物であったが、今作はなかなかよし。
三話目の天狗、四話目の栄吉、五話目の品比べの話が面白かった。

海堂尊『モルフェウスの領域』
どこかで読んだことあるなーと思ったら、1話目を雑誌の短編で読んだことがあった。この本は、それらの短編シリーズを単行本用に改訂したものだそうだ。
モルフェウス(アツシ)が目覚めてからの後半が特に良かった。最近の海堂作品では一番好きかな。

万城目学『ホルモー六景』
文庫版が出たので購入したもの。
以前図書館で借りて既読ではあるけれど、なかなか好きな短編集。凡ちゃんの話、長持の話がいいよねー。

高田郁『今朝の春』
みをつくし料理帖シリーズ最新作。全体的にせつない話が多い今作(←に限ってないか)。

お澪坊、いつか野江ちゃんの身請け出来るといいな。でも四千両って大変だ…。

この記事へのトラックバック