おぐ230ぼちぼち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【本】ハリー・ポッターと炎のゴブレット、野川、まほろ駅前番外地

<<   作成日時 : 2010/09/21 08:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ハリー・ポッターと炎のゴブレット:J.K.ローリング
久々に原作を手にした。クディッチW杯と三大魔法学校対抗試合がメイン。裏に「あの人」によるハリー暗殺計画。
結構オドロオドロな表現があったので、児童書(ってワケでもないのか?)としてOKなの? と思ってしまった。
あれー、前って上下巻じゃなくて1冊だったよね? 文量多いっすねー(;^_^A

野川:長野まゆみ
一転、こちらはぐっと文量が減ってあっという間に読み終わってしまった。透明感ある作品だなー、という印象。
 ・こんな先生いたらいいなー(興味深い話してくれる・しかもイケメン)
 ・伝書鳩(最後に飛んだよ、やったぜ!)
 ・親の離婚で父と二人暮し(ぐっとくる言葉のやり取りあり)
 ・慕っていた兄の死を乗り越えて
てなところが注目部分。
自分が書いた手紙を鳩が運んで、それを相手が読むなんてロマンティック過ぎるだろ。と言いつつちょっとやってみたい。

まほろ駅前番外地:三浦しをん
多田便利軒の続編っていうか、脇役たちにスポットを当てたサイドストーリー。
ほとんどの本は読んだら端から忘れて性質なので、読み始めは「?」だったけど、読み進むうちに記憶が戻ってきて楽しむことが出来た。
行天が絡んでくると話が面白くなるね。ココまで子供じゃないけど、コイツには親近感を覚えてしまうwww
続きがありそうなこの話(後々の大きなフラグあり)。シリーズ化されんじゃないかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【本】ハリー・ポッターと炎のゴブレット、野川、まほろ駅前番外地 おぐ230ぼちぼち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる