おぐ230ぼちぼち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ドラマ/本/音楽】セカチュー+予知夢+Expressions

<<   作成日時 : 2008/11/12 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の投稿が555本目。だから何なのさ〜だが、几帳面にも投稿本数をカウントしているので書いてみた(;^_^A

ってことで、最近観たり、読んだり、聴いたりしたものから。

まずは、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」。

「鹿男あをによし」で、綾瀬はるかのカワイさにヤラれたので観直してみようと思い、スカパー!で一挙放送を録画。はいいけれど、肝心の残り2話の途中で録画切れ。
今まで長時間録画をしなかったので知らなかったが、マニュアルを読むとHDRの連続録画は8時間までなのだそうだ。一挙放送が仇になるとはね…。ま、どうせそのうちまた放送されるだろうからそのときまで待つとするか。

で途中までのドラマの内容だが、筋は知っての通りの純愛モノで観ていて気恥ずかしいが、観始めるとついつい観入ってはしまうものがある。
朔が長いこと亜紀の父親に怒られていたイメージがあったがそんなことはなく、めちゃめちゃ怒られていたのは無人島に行った後の放送1回分だけだった。娘にも厳しくしていた三浦友和の演技が強く記憶に残っていたんだな〜。
このドラマの綾瀬はるかは途中で病気になってしまうから、やつれて丸刈りになってしまうこともあって、カワイイのは初めのほうだけ。でも、ウェディングドレス姿のシーンは可愛かった。

記憶の薄れないうちじゃないとまた初めから観直すことになりかねないので、早いうちにTBSチャンネルには放送してもらいたいものだ。でも、12月放送予定にはなかったんだよね。むむぅ〜。

ところで朔の役者、個人的にはドラマ版の山田孝之がいいように思う。映画版をちゃんと観たワケじゃないが、コミカルな演技をしているのを観たことがあるものの、森山未來にはドンくささがあまり感じられないからだ。ま、個人の好き好きだからこだわるところでもないんだけど。

世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2005-01-01


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


続いて、本「予知夢:東野圭吾」。

ドラマはまるっきり観なかったが、映画になった「ガリレオ」の原作を今さら読んでみようと図書館で借りて(もらって)読んでみた。この本はシリーズ第2作目で、同時に借りた第1作目「探偵ガリレオ」は先に妻が読んでいる。前にあったことが出てくることがゼロじゃないが、短編読みきり形式なので読んでいて困ることはい。余談だが、ドラマはシリーズ1・2作を元に作られてはいるが、順番はバラバラだそうだ。

本の内容は、事件の謎解きを化学(物理?)の面から解決するのがキモということだったが、5つある短編のうち初めの2つは化学関係なし。ってえ〜っ!? つまらなくはなかったが、あっさり気味な話で化学なしなのでイマイチに感じる。
残りの3つは化学・物理の謎解あり。「3<4<5」の順で面白かった。一番面白く感じた5章は最後のミステリアスな終わり方に「コワ〜」。全ての話がこの5章か4章くらいのレベルならいいんだけどな。でも、イマイチ(再三失礼)なのもあるからイイものもあるワケだからね。

それはそうと、時間かけずに読み終わるほどの読みやすさだった。妻が1作目を読み終えるのが待ち遠しいw
ドラマは絶対観て〜、とは思わなかった。ただ、謎解きをする湯川は佐野史郎をイメージして創られたキャラクターであったそうだが、やっぱり観てはいないものの読んでいてついつい福山雅治を思い浮かべてしまった。

予知夢 (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


最後に、音楽「Expressions:竹内まりや」。

電車に乗っていたときに広告を見かけてついつい聴きたくなってしまった。
3枚組CDを通して聴いてみると、改めてCMやドラマ使用曲が多いことに気付かされる。夫の山下達郎もCM・ドラマでよく使われているから、本人たちの露出は少なめでも、夫婦揃って楽曲は世に出まくっているんだね〜。

「不思議なピーチパイ(Disc1)」が一番聴きたい曲だったが、強く印象に残ったのは「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)(Disc 3)」。
東京ビューティーセンターのCMとTBSテレビ「木曜日の食卓」の使用曲だったそうだが、後者のドラマは観ていなかったので、CMで聴き覚えがあったワケだ(ホント俺ってCMっ子)。

「冷蔵庫の中で凍りかけた愛を温めなおしたいのに」

この印象に残るフレーズは、「自称シンガーソング専業主婦」だけあるな〜、と思いつつ、「チン」と簡単に人の心は温まらないゼ!なんてツッコミ入れてみたり(ってそんな浅い意味じゃないだろうけど)。

またまた余談だが、今回のアルバムにも入っている薬師丸ひろ子に提供した「元気を出して」。今はもうないだろうが、この曲の第一興商のカラオケのバックに流れる映像にいとこが出ている。カラオケに使われますよ、ってことわりがあったか勝手に撮られて使われたかは忘れてしまったが、ともかく「あ、○○だ」と知っている人に分かるくらいはっきり映っているのだ。
会社の先輩たちとカラオケに行ったときに酔っ払っていて「俺のいとこが出てるんですよ〜」と何度もこの曲を予約に入れて見せたことがある。今思うと全く持って迷惑なことをしたな〜w

Expressions (通常盤)
Warner Music Japan =music=
2008-10-01
竹内まりや


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【ドラマ/本/音楽】セカチュー+予知夢+Expressions おぐ230ぼちぼち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる