おぐ230ぼちぼち

アクセスカウンタ

zoom RSS 【つれづれ】最近気にいった本や漫画

<<   作成日時 : 2008/09/11 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一部のネタバレはご容赦ってことで…。

「鹿男あをによし(本/DVD)」
今年初めにやっていたドラマを観ていて(途中からだったけど)面白ぇ、って思っていた。
で気になってる万城目学の原作を図書館で借りて読んだら、こっちも面白い。っていうか原作のほうがイイ(当たり前か)。

ドラマの綾瀬はるかが演じたとぼけたキャラっぷりも味があったが、せっかく面白い設定なのに恋愛模様が盛り込まれてしまっているのがゲンナリだった。だって原作だと藤原君は男だから、男同士では恋愛には発展しないもの(普通はw)。
なので、原作の恋愛模様の入らない堀田(多部未華子:野性的魚顔)のキスで鹿顔から戻って終わるラストのほうがすっきりしていていいと思う。
関係ないが、リチャード(小治田教頭)役の児玉清はドラマも「アタック25」の司会も変わらないね。ドラマを見直していて、今「アタックチャ〜ンス!」って言ってもいいんじゃね?って思うシーンがいくつもあったよw

そうそう、福井・滋賀旅行で火のついた妻が行きたいというので、来月奈良に行ってくる予定。
ついでに黒塚古墳などのロケ地もいくつか巡るつもりだ。「鹿せんべい、そんなにうまいか」かどうか試してみようw

鹿男あをによし
幻冬舎
万城目 学


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


鹿男あをによし DVD-BOX
ポニーキャニオン
2008-07-16


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


「鴨川ホルモー(本)」
「鹿男」と同じ作者のデビュー作。
これまた図書館で借りて読んだけど、こっちも面白かった。ありそうだけどこういう独自の設定をよく思い付くな〜、と思う。
ただ、全体的に文章や展開が「鹿男」と比べるとつたない印象。メガネっ娘が眼鏡を外すと可愛いくて、その娘が主人公との恋愛に発展するとかが実にいただけないが、デビュー作だし仕方ないか。
ってオメ〜こういう本書けるのかよ!って言われても書けませんが、何か?

来年映画化されたものが公開予定とか(舞台にもなるらしい)。
栗山千明が「凡ちゃん(楠木)」か〜、彼女は鼻に特徴があるから早良役のような気が個人的にはするな。ホルモーのシーンはCGで再現かな?ちょっと映画も気になるところだ。

鴨川ホルモー
産業編集センター
万城目 学


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


「とめはねっ! 」
ヤンサン(ヤングサンデー)からの移籍作がたくさんあった、スピリッツ最新号に掲載の作品。
高校の書道部を扱った漫画。「おお振り」の野球漫画でありながら、その独特の切り口や展開からくる面白さと同じようなインパクトを感じた作品だ。こりゃ初めから読まないと、ってことですぐさま1〜3巻を購入。
めちゃめちゃオモロイっす! これ読んで書道やり始める人たくさんいそうな気がする(俺はやらんが)。

この漫画読んでいると、実際に書道パフォーマンスする高校生がいるそうだし、文科系にも関わらず書道部は体育会系のノリな面もあるようだ。俺も高校時代に演劇部に所属していたときに「文化系じゃなねぇな」って思っていたけどw

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1
小学館
河合 克敏


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


とめはねっ! 鈴里高校書道部 2
小学館
河合 克敏


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


とめはねっ! 鈴里高校書道部 3
小学館
河合 克敏


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【つれづれ】最近気にいった本や漫画 おぐ230ぼちぼち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる